カンボジアの交通事情と移動手段(バス・タクシー・トゥクトゥク)

カンボジアの公共交通機関はあまり発達しておらず、地下鉄や市バスは運行していません。
カンボジアで地元の人々の足となっている主な交通手段にはバイクタクシーやトゥクトゥクなどになります。
また、観光に便利な移動方法としては、タクシーやトゥクトゥクを半日や1日チャーターして移動するのが便利でしょう。
ほとんどの交通機関の料金は交渉制になり、外国人観光客は不当な料金を請求されやすいです。
その為、初めに言い渡される料金の半額くらいの金額から交渉を初めたり、明らかに不当な料金を要求してくる運転手に交渉時間を割くのではなく、次の運転手に移るなど交渉術を身に付けることが必要になります。
●タクシー
カンボジアのタクシーには、長距離を移動するためのものと近距離を移動するものの2種類があります。
長距離移動のタクシーは日本のタクシーのような車ですが、近距離の場合はトゥクトゥクやバイクタクシー、シクロ等になります。
料金は交渉制になります。
トゥクトゥクを利用する場合は、背中に3~4桁の数字が入ったジャケットを着用している運転手のものを利用しましょう。現在はジャケットの着用が義務付けられえおり、それによってトラブルが減少したと言われています。
バイクタクシーは、日本人女性に対する強姦・レイプトラブルが多いためご注意ください。

●バス
カンボジアには市バスのようなものが走っていないので、バスを利用する場合は基本的に長距離の移動になります。
大型長距離バスはカンボジアの交通機関の中でも発達しており、料金やサービスなど満足できます。
その他のミニバスやピックアップトラックは可能な限りの乗客と荷物を乗せるため、混雑しておりその状態での長距離移動は体力勝負になります。

●レンタサイクル・レンタバイク・レンタカー
街中で自転車やバイクをレンタルできる場所がありますが、カンボジアの交通状況はあまり良くなく運転マナーがないとされています。
その為、外国人観光客の交通事故が多く近隣国の病院へ移動するケースが増えている状況です。
また、国際免許証を所持していても現地の警察官に知れ渡っていないため、無免許運転と見なされ罰金の対象になります。
このようなトラブルなどから、外国人観光客が自ら運転をすることはお勧めできません。
カンボジア観光の際には公共交通機関を利用して回ることをお勧めします。