バス移動前の休憩&荷物置き場に便利なシェムリアップのカプセルホテル

親のスネかじりノマド御用達の「Blue Pumpkin」から徒歩3分ほどの距離にある、「Oasis Capsule」は、一泊わずか700円というバックパッカー向け激安ドミトリーで、現地のカンボジア人にも人気のゲストハウスです。

まず建物内のWiFiが「Blue Pumpkin」よりはるかに速い上に、Ping値だってネトゲがストレスなくプレイできるレベルです。

すぐそばには「tell Steak House」というステーキ屋さんもあり、とりあえず腹が減ったらそこで済ませられます。ここに1ヶ月滞在しても、家賃わずか21000円と、セカンドライフをこのクソ狭いオアシスで、と考えている方には最適な選択肢かもしれません。

枕もとのランプは結構熱くなるので、ハゲや薄毛で悩んでいる人は要注意です。私が泊まったときは、同室の長身ふさふさイケメンパッカーが、頭上熱くね?やばくね?と同室のフレンチバックパッカー♀に話しかけていました。

あいつらはいつだって何でも口説きのネタにするんだ。ランプの熱で禿げてしまえ!

そうです、このカプセルホテルは男女混合の部屋です。

意外な出会いにも期待できちゃうかも?☆彡

プライベートルームや、女性のみのドミトリーなどももちろんあるので、さすがに男女混合だと自分の理性をコントロールしきれないぞという方は、プライベートルームを利用してみるのもありかもしれません。コスパについては言及しませんが。

 

朝食なし、石鹸・シャンプーなし

一泊700円以下ですから、アメニティは皆無で、朝食など当然ありません。自分は夜行バスまでの中途半端な時間を潰すのと、荷物置き場も兼ねてここをよく利用してます。出発前にシャワーを浴びておけば、車内でお隣さんを足の臭さで不眠症にすることなく、快適な旅が楽しめるはずです。

ちなみに、受付前の椅子には常に誰かしらゲストが座っています。

用があるなら、後から来た人たちに順番を抜かされないよう、しっかり自己主張していきましょう。

また、現地の出稼ぎ労働者がたむろしていることもありますが、ロッカーにはちゃんと鍵がついてますので、多少は安心できるかと。

入り口の画像でも確認できたかと思いますが、通路や階段は、人がやっとすれ違えるぐらいの狭さです。

デブの白人と鉢合わせたら、最悪パワープレイに出るしかありません。

逆にパツキン美女と鉢合わせになったときは、ニッコリ気持ち悪い笑みを浮かべてアフターユー☆とウィンクしてみましょう。ボクの場合は何も起こりませんでした。

ちょっといい感じの路地裏や

24時間営業の小売。

そして上述したステーキ屋さんと、周辺はとりあえず食べるものには苦労しません。

こちらは斜向かいのローカルフードレストラン。もも肉2.5ドルや麺類3ドルからと、外国人価格でぼったくってるシェムリアップのパブストリート周辺の中では、なかなかリーズナブルなお店です。

美味。

一応公式HPからも予約できますが、アゴダのほうが安かったです。

 

隣のtell steak houseはマスト

だってウェイトレスは全員フリフリのメイド服を着ているんだもの。そして一人めっちゃ笑顔が愛くるしい店員が。画像だといい感じにぼかされてますが、なかなかのきゃわたんでした。

値段は見てなかったのでいくらだったか忘れましたが、一緒に頼んだサーモンのクリームパスタは日本のそれと遜色無いぐらい美味かったです。

接客から何から全体的にレベルが高いです。

※そのため席が満室であることも多々ありますけどね…。

 

以上、シェムリアップの激安カプセルホテル「Oasis Capsule」レビューと、その周辺のレポでした。

 

クメール王子 on Email
クメール王子
絶賛発展(途上)中のクメール王朝の王子ことカンボジア王子です。またの名をC.工藤。日本での社畜生活に疲れ海外逃亡、タイやラオスなど東南アジアで女を漁りまくる生活を2年ぐらい経て、カンボジアに漂着。オキニのクメールっ娘を妊娠させちゃいないかとビクビク怯える毎日@プノンペン(*´▽`*)

コメントを残す

質問・感想など気軽にどうぞ(*^-^*)

メールアドレスが他のユーザーに公開される事はありません。

*
*