シェムリアップでレディボーイと出会えるスポット

カンボジア王国は、実はタイと同じぐらいレディボーイ大国だということを、皆さんご存知でしたでしょうか。観光客の多いスポットに出没しては、ゲイやバイの外国人相手に商売をするレディボーイたち。

siem-reap-ladyboy

プノンペン同様、シェムリアップでレディボーイ(クメール男の娘)と一夜をともにしたいとお考えのそこのあなた。

期待を裏切るようでアレですが、シェムリアップはプノンペンほど楽しめないかもしれません。それでも来ちゃったんだからしょうがない?

わかりました。

それではシェムリアップのレディボーイ攻略スタートです。

どうせパブストリートいきゃいるでしょ?と思ったそこのあなた。大正解です。観光客向けのレストランにバー、マッサージ、そしてナイトクラブまで。何から何まで揃ってます。レディボーイにクメールっ娘、両方楽しみたいという方もパブストリートで間違いないでしょう。ホテルも充実していますから、パブストリート周辺を拠点にしていれば、昼からでも遊べてしまいます。

 

シェムリアップのレディボーイバー

siem-reap-ladyboy-bar

「BarLinga Bar(バーリンガバー)」は、ゲイなら一度は訪れたい場所。レディボーイによるライブパフォーマンスもあって、現地のレディボーイと親睦を深めるのには絶好のスポット。もう一つは、7 St.の「Station Wine Bar(ステーションワインバー)」、そして「Mickey’s Bar(ミッキーズバー)」などがレディボーイが出没する”ガールズバー”として有名です。はい、残念ながらシェムリアップもレディボーイ専門の”ガールズ”バーはありません。

相場:20から50ドル(バーガールのみ)フリーのコはもちろん交渉次第。

 

 

レディボーイの出没するシェムリアップのナイトクラブ

ktv-2

現地のレディボーイに最も有名なナイトクラブといえば、「Blue Sand Club」。外国人観光客はあまりいませんが、その分ローカルには人気があって、同様にレディボーイたちもよく見かけます。ただ、レディボーイによっては、お店に雇われているコもいたりするので、まずは話しかけてみることから始めてみましょう。パブストリートからは歩いて15分ほどの距離にありますので、バイタクでも捕まえて1ドルで連れてってもらいましょう。

他には、パブストリートの「Temple Bar」(テンプルバー)や、「Hip Hop Club(ヒップホップクラブ)」の”外側” によくたむろしています。というのも、これらのバーはレディボーイの入場を禁止しているからです。

相場:20〜50ドル(従業員のみ)フリーのコはもちろん交渉次第。

 

 

シェムリアップの立ちんぼレディボーイ出没スポット

siem-reap-ladyboy-hookers

シェムリアップでフリーランサー(立ちんぼ)のレディボーイを調達できる場所は、シェムリアップ川沿い、そしてパブストリートそばにある橋の周辺です(画像参照)いかにもハッテン場らしいポーズを取るおっさんはどうやらノンケのようです。詳細は記事最後の地図でご確認ください。普通に一般人も混ざってますので、声をかけて違った場合の気まずさはハンパないかと思います(笑)

相場:ショートで10から15ドル。頼めば5ドルぐらいのゲストハウスへ連れて行ってくれる。

 

 

レディボーイ専門出会い系サイト、知ってましたか?

ladyboy-dating-in-siem-reap

一応プノンペンのレディボーイ記事でも紹介しましたが、こちらシェムリアップでも同様にブームとなっているようです。正確にいうと、カンボジアにくるゲイの観光客に人気のサイトなのですが、レディボーイ専門の出会い系サイト「My Ladyboy Date」とゲイ全般登録オーケーな、「Gay Cupid」では、商売っ気の薄い、理想の彼氏とのリアルラブを求めるクメールレディボーイとの出会いが可能とのことで、私のバイセクシャルの知人もよく利用しているそうです。基本的にはどちらも無料で利用することができるので、とりあえず登録するだけでもしてみたら良いと思います。

相場(デート):デートの内容次第ですが、幸いシェムリアップには遊園地のような金のかかるスポットはありませんので、喫茶店や映画館、バーで一杯飲むだとか、最終的にホテルに一泊するだとか、それぐらいですかね。

まとめ

リスクを考えるとネットでの出会い系が一番安全かと思いますが、東南(盗難)アジアならではのスリルを味わいたいという方は、立ちんぼやクラブ”ガール”に挑戦してみるのもいいかもしれません。ただ、何度も言いますがゴムは絶対にしましょう。女性の売春婦なんかと比べ物にならないぐらいレディボーイの立ちんぼのHIV感染率は高いという統計が出ています。

 

以上、シェムリアップでレディボーイ(もしくはシーメール)と出会う方法・スポットまとめでした。一応上で紹介したお店なんかはすべて地図にまとめましたので、参考にしてみてください。

プノンペンでレディボーイと出会えるスポット

クメール王子 on Email
クメール王子

絶賛発展(途上)中のクメール王朝の王子ことカンボジア王子です。またの名をC.工藤。日本での社畜生活に疲れ海外逃亡、タイやラオスなど東南アジアで女を漁りまくる生活を2年ぐらい経て、カンボジアに漂着。オキニのクメールっ娘を妊娠させちゃいないかとビクビク怯える毎日@プノンペン(*´▽`*)


コメントを残す

質問・感想など気軽にどうぞ(*^-^*)

メールアドレスが他のユーザーに公開される事はありません。

*
*