概要

☆↓↓↓YouTubeチャンネル登録してネ↓↓↓☆


カンボジアの置屋は、ベトナムやタイの郊外の置屋と形式が似ており、基本的にはカラオケ屋を装っていたり、中国系・韓国系の「KTV」でお持ち帰りができるのが特徴です。

 

💡遊び方

基本的にはどこも女の子を選んでお金を払ってお持ち帰り、あとはホテルでごゆっくり…。という流れですが、お持ち帰り可能なガールズバーの場合だと、お店にいくらか支払う必要があります。また、お持ち帰り前にLD(レディースドリンク)を要求してくる場合もありますので、初めてのお店へ行く際は、あらかじめママさんやマネージャーにきちんと話を聞いておきましょう。

 

シェムリアップの置屋

アンコールワットで有名なシェムリアップには、実はあまり表立ってあっせんしているような置屋はなく、ガールズバーもプノンペンのように多くはありません。素人相手にしたいのであれば、基本的にはクラブナンパがメインになるかと思いますが、シェムリアップの「トップタウン」というカラオケ屋では、お持ち帰りすることが可能です。ホテルによってはジョイナーフィーを請求してくる場合もありますので、こちらのページを読んでしっかりと対策しておきましょう。

 

プノンペンの置屋

プノンペンは、やはり首都だけあって、シェムリアップよりも発展していて、観光客相手のこの手の商売は、シェムリアップよりも盛んです。また、置屋以外でも、ガールズバーや、カラオケ、果てはマッサージ店でまで ”スペシャルサービス”を受けることが可能なため、あからさまな置屋よりもよりスリルを味わう事ができるのもプノンペンの魅力です。

 

☠未成年置屋

カンボジアというと、プノンペンから北へ車で30分の場所にあるスワイパー村が有名かもしれませんが、2000年頃のNGO介入により、すでにかつてのような未成年(主に幼女)売春村としての機能はしていません。それでも、プノンペンには「ブッディン」という廃墟のような場所では未だに「スモールスモール、ヤングヤング」と未成年を斡旋してきます。

しかし、この国の売買春に関する法律でも述べたように、未成年と知ったうえで性行為に及んでしまった場合は、非常に重い刑罰を受ける事が予想されますので、絶対に利用しないようにしましょう。

 

シェムリアップ

シェムリアップシェムリアップ夜遊びの代名詞的存在、Pub Street (パブストリート)には非常に多くのバーがありますが、本当にシェムリアップの風俗を満喫したいのであれば、他にももっと楽しいスポットがあります。パブストリートも多くの […]続きを読む

プノンペン

プノンペン首都プノンペンはカンボジアで最も性産業が活発かもしれません。スワイパー村亡き後、カンボジア風俗をトコトン楽しみならプノンペンがベストです。※一応スワイパー村自体はまだ残っています。 ※日本語しか話せないという方のためにも […]続きを読む

レビューを書いてみませんか?