バンコクからプノンペンへ高速バスで入国する際に必要な手順・入国ビザ

アランヤプラテートとポイペトの間.jpg

タイのバンコクからカンボジアの首都プノンペンへ行く方法を教えたいと思います。

バス、飛行機と2種類あり、それぞれのメリット、デメリット、VISAの取得の注意点を紹介します。

 

飛行機で行く方法

バンコクからプノンペンへの直行便のフライトは、エアーアジアのドンムアン空港(DMK発)と、タイ航空のスワンナプーム空港(BKK発)、バンコク・エアウェイズのスワンナプーム空港(BKK発)の3つがあります。エアーアジアのおかげでだいぶマシにはなりましたが、バスや電車に比べると値段が高いところがデメリットです。

ただ、飛行機で行くメリットは、1時間でプノンペンに着くため時間に余裕ができるところと、安全に着くところです。

 

バスで行く方法

ジョインチケットで行く方法

宿、またはその周辺でピックアップしてくれて、国境からプノンペンまでのバスがセットになって売られているチケットがあります。それがジョインチケットです。

安くプノンペンまでいけて、国境からカンボジアの市街に行くバス券がついてきます。

ただ、ほぼ間違いなく国境でのビザの取得で揉めます。

なので、ビザを事前に取得するか、オンラインビザを取得することをお勧めします。

 

オンラインビザ(e-visa)を取得する方法

必要なものは、カンボジア入国時点で残り6ヶ月以上のパスポートと、最近撮ったパスポートサイズの顔写真データ(JPEG、PNGフォーマットのもの)、有効なクレジットカード(Visa/MasterCard/American Express/Discover)です。

そこからカンボジア外務省国際協力省のウェブサイトに入って登録します。

入国と出国でそれぞれ必要となるので2枚プリントアウトしておきましょう。

有効期限は3ヶ月です。

e-visa偽サイトが多くあり、個人やクレジットカード情報を盗む人が多くいます。

外務省国際協力省の公式ウェブサイトで登録しましょう。

 

高速バスで行く方法

国境のアランヤプラテートまで自力で行くのは手間がかかりますが、国境でアライバルビザを取ろうとしている人にはお勧めです。

東バスターミナルのエカマイから行く方法は2時間ごとにバスが出ています。

5時間ほどでいけます。

電車でアランヤプラテートまで行く場合、朝の5時55分と13時5分の2便しかないので気をつけてください。

値段はとても安いので時間調整ができる方にはお勧めです。

国境を越えるとバス、タクシーの交渉がきます。

旅慣れてない方はぼったくられる可能性が高いので先にあるバスターミナルでチケットを買うようにしましょう。

地上のシーロム(Silom)駅から出発します。

アランヤプラテートまで片道200B、その日の往復チケットなら300Bとお得です。

高速道路を利用して途中休憩を挟んで3時間かかります。

アランヤプラテートに到着後、出国カウンターで手続きをします。

タイ出国審査カウンターへの入り口.jpg

出国手続きは日本と変わらず日本のパスポートと出国カード(DEPATURE CARD)を提出するだけです。

タイ・アランヤプラテートでの出国審査カウンターから距離は長いので到着します。

アランヤプラテートとポイペトの間.jpg

パスポート、VISA、入国カード(ARRIVAL CARD)を提出すれば大丈夫です。

入国審査カウンターがある建物.jpg

そこからポイペトからプノンペンへの行き方はポイペトロータリーからバスターミナルがあり、その手前には旅行会社のバスが並んでいます。

それに乗ってプノンペンに行けます。

バスターミナル.jpg

これとは別に、国境から無料シャトルバスで新バスターミナルまで行って他の旅行者と乗り合いタクシーに乗る方法もあります。

国境付近のタクシー運転手による、強姦、強盗や乗客とグルになる場合もあるので旅慣れてない方と女性は注意が必要です。

 

まとめ

タイのバンコクからカンボジアのプノンペンへ行く方法を紹介しました。

急いでいる人や、安全にカンボジアのプノンペンまで行きたい人は飛行機をお勧めします。

時間がある人やお金があまりないバックパッカーはバスで行く方がいいでしょう。

国境付近は、優しい人もいらっしゃいますが、騙そうとしてくる人も少なくありません。

細心の注意を払い、楽しい旅行をお楽しみください。

タイ風俗敗走組
第一新卒で入社した商社勤務中、20代前半で東南アジアの性なる王国「タイ」へ赴任が決まる。毎晩飲み歩き女をとっかえひっかえしていたらいつの間にかタイ移住。その後色々あって現在ノマドワーカーなダメなおっさん執筆記事一覧はこちら

コメントを残す

*がついている項目は必須事項です。お名前はペンネームで構いません。Eメールアドレスは公開されませんのでご安心下さい。

疑問や質問など、なんでも気軽に質問してみましょう (*^▽^*)

*
*