韓国人経営?プノンペンのコスパイマイチな「CARA Hotel」

プノンペンのリバーサード近くで、かつ3000円以下のホテルとなると、立地が悪かったり、周りに何にもないホテルなんかが多いですよね。

今回の「Cara Hotel」は、レストラン・バー併設で、夜中でもどこから来たのか現地の人たちで結構盛り上がっています。ただ、クラブのような感じではないので、あんまり気軽にローカルの金持ちに声をかけないように(笑)

肝心のホテルの方ですが、室内は小学生が夏休み末期にやけになって描いたのかと思うほど適当なデザイン。下手に寝返りなど打とうものなら目の前にわけの分からない模様が表れます。悲惨です。

また、禁煙室をお願いしたつもりなのに、最初案内された部屋はめちゃくちゃタバコ臭く、しばらくしてロビーの姉ちゃんに部屋を買えるようお願いしました。

テレビもありますが、テレビは見ないのでローカルTVにつながっているかどうかもわかりません。

セーフティボックスがあるので、とりあえずは安心できます。

連れ込みが可能かどうかはホテルスタッフに聞いて見て下さい。

たぶん無理です。

ホテル周辺は店舗の数自体は少ないものの、必要最低限の施設は揃っています。

ガソリンスタンド併設のコンビニ、ローカルKTV、ローカルの飲食店。

ホテルを出るとすぐとなりに現地のBBQっぽいお店があったので、路上で一人テーブルに付き、隣のテーブルを指差して、アレと同じの下さい。と小学生ばりにシンプルなコミュニケーションでオーダー完了。

注文するや否や、バターみたいな塊を鉄板の上に置かれました。

野菜や肉、魚介類などもバンバン運ばれてきます。

肉はちょっと硬かったですが、個人的には脂ぎっしりの肉よりは好きなので良しとしましょう。

イカうまし。

一通り食べ終わったので、麺類が食いたいとまた小学生ばりのコミュ力でオーダー。

お湯を入れてもらい早速麺を投入。

シメに麺で、と思ったものの、これは大外れ。先程焼いた肉などの脂の残ったスープに卵麺が混ざり、最悪のテイストに。

 

ホテルレビューのつもりがローカルレストランレビューになってしまった…。

 

 

 

 

タイ風俗敗走組
第一新卒で入社した商社勤務中、20代前半で東南アジアの性なる王国「タイ」へ赴任が決まる。毎晩飲み歩き女をとっかえひっかえしていたらいつの間にかタイ移住。その後色々あって現在ノマドワーカーなダメなおっさん執筆記事一覧はこちら

コメントを残す

質問・感想など気軽にどうぞ(*^-^*)

メールアドレスが他のユーザーに公開される事はありません。

*
*