精力全快!お腹もタマ袋も満たせるカンボジア料理10選

カンボジアで朝から晩までやりまくっててもう全弾使い切ってしまったという方。きちんとご飯食べてますか?ご飯食べないと出るもんもでませんからね(*‘∀‘)

さて、今回は、カンボジアの有名なローカルフードをご紹介。といっても一部の料理は基本的に観光客向けレストランでしか提供されていなかったりします。炉端で見かけるような屋台では、割と中華料理っぽいものが人気のようです。

2016-07-29-20-00-37

観光客を意識しているのか、何気なく入ったレストランでも、メニューには洋食や中華料理が多い印象。

味はどこも悪くありません。タイやベトナムに隣接していることもあり、日本人好みの薄味が主流のようです。テーブルには、だいたい醤油やチリソースがおかれているので、ちょっと物足りないなという方はお好みで。

 

カンボジア料理(クメール料理)は健康的

フィリピンのような油ギットギトで塩分ギンギン料理と違い、カンボジアの料理はマイルドというか、非常に無難な印象を受けます。タイのようにパクチーが多用されることはありませんし、インドネシアみたいになんにでも唐辛子をブチ込むような事もありません。そういう意味では万人受けする料理ともいえますが、同様に特徴がなく、影が薄い料理ともいえます。

 

食事のマナー

代表的な料理を紹介する前に、まずは食事のマナーを少しだけ。すべて実践しろとはいいませんが、頭の隅っこにでも置いておくと、クメールっ娘とのデートの時に少しだけ役立つかもしれません。

まず、日本と違い食事中に音を立てて食べることはあまり良しとされていません。これは東南アジアすべての国に共通する概念のようですが、ラーメンやそばを食べる感覚でカンボジアの面料理を食べてしまうと、周囲の視線が突き刺さってくるかもしれません。

日本では、食事中に出たゴミ(魚や肉の骨など)は、ティッシュなどにくるんでテーブルの片隅や灰皿の上に置くという光景を見かけますが、カンボジアではテーブルの下にぼんぼん捨ててます。

さすがに高級なレストランではできない事が多いですが、露店などでは気にせずポイポイしちゃっても怒られることはありません。

番外編:クメール彼女の自宅に招かれた場合

まぁこういう経験する人はかなり稀だとは思いますが、念のため。

まず、食事の前にお皿をふきましょう。彼女がふいてくれるかもしれませんが、お皿をふかずに料理を盛ることはあまり良くないとの事。

ご飯を食べ始めるときも、そのテーブルで一番地位の高い人が食べ始めるまでは、おとなしくステイするように心がけましょう。仮に自分が一番上の地位にいたとしても、勝手に食べ始めるのはやめてみんなで一緒に食べるようにしましょう。また、カンボジアは元々箸を使って食事するより、スプーンなどを使う事の方が主流ですので、家庭によっては箸をおいてない場合もあります。

 

代表的なクメール料理

1. プラホック

1024px-fried_prahok_meal-640x514

タイガービールとの相性抜群な、カンボジアの塩辛。塩漬けした生魚生のすり身で、一応調味料として分類されています。韓国のコチュジャンみたく、野菜につけて食べる事もありますが、プラホックはコチュジャンよりも匂いは強めです。そのため、一度これを味わってしまうと、いたるところで食欲をそそられてしまうことに…。

 

2. アモック

8646775783_ee65f4cd97_z-compressor-640x640

ザ・東南アジア料理。ココナッツと香辛料をベースにしたスープに、魚介や鶏肉などを混ぜた料理です。ココナッツの葉に盛られて振舞われる事も。ココナッツス-プのまろやかさと、カレーなどの香辛料が絶妙にマッチして食欲が進むこと間違いなしです。

 

3. ノムバンチョック

2007-07-21-113145

ノムバンチョックは、カンボジアの王室の料理として有名で、食べ方は日本のつけ麺と似たような感じです。赤いスープと緑色のスープの2種類があり、緑の方は魚ベースのスープ。赤は鶏肉の入ったココナッツカレーで、タイ料理のカノムチーン ナムヤーと同じスタイルです。アンコールワットの近くのレストランではよく見かけます。

 

4. チャー・トロクン

2373312196_c898c374b2_z-compressor-640x480

とてもシンプルなヨウサイ炒め。ヘルシーで夏バテ対策には是非。カンボジアの暑さでダウンしてしまってはせっかくの買春旅行も台無しです(;´Д`)

 

5. クイティウ

cambodia-640x480

屋台なんかでよく見る麺料理。カンボジアだけではなく、ベトナムにも似たようなフォー料理があります。ささっと食べられて胃もたれもしないので、ハッスル前にちょっと小腹が空いたなと思ったら食べたい一品。ただ、麺が日本のらーめんのように腹持ちがいいワケではないので、食べて2,3時間としないうちにお腹が空いてくるかもしれません。お好みで唐辛子や醤油などを入れます。とにかく安いっ!w

 

6. ミークイティウ

8644969068_e64075b685_z-compressor-640x480

クイティウという麺類を少量の油で炒めた、いわばカンボジア版焼きそば。基本的には安いと魚介類が入っていますが、お店によっては豚肉や牛肉の入っているミークイティウもあります。毎日食べても飽きません。

 

7. サムロー・コァコー

6967077062_04a400c20d_z-compressor-640x480

「サムロー」というのは、クメール語でスープ料理のことで、このサムロー・コァコーは、豚肉に野菜、魚介類と、栄養満点のスープ。似たような名前で、サムローカリーというのは、文字通りカレー味のスープ。サムロー・コァコーは1.で紹介したプラホックが入っているため、これが苦手な人はサムローカリーを注文するといいかもしれません。

 

 

 

8. コー・サツ・チィルク

caw-compressor1-640x480

「コー」はクメール語で煮物、「サツ・チィルク」は豚という意味で、筍と卵と豚を煮込んだ料理です。

 

 

9. チャ・サイコー

魚醤で炒めた牛肉。自分でもカンタンに作れるので、個人的には一番好きな料理。独身自炊駐在員男子の強い味方と言えるでしょう。名前の通りサイコーにおいしいです。

 

10. ルパウ・ソン・クチャー

1024px-sangkhaya_fak_thong-compressor-640x640

かぼちゃとアヒルの卵を混ぜてプリン状にしたものをかぼちゃに詰めて蒸すという、かなり手の込んだカンボジア版カボチャプリン。

ローカルの女の子に奢ってあげてもあまり喜ばれないのですが、一度は食べてみることをおすすめします。ガールズバー嬢にはスタバのコーヒー奢ってあげる方が喜ばれるのはここだけの話。カンボジアのコンビニは、あまりプリンを売ってるところは少ないので、プリン狂の方は覚えておくといいでしょう。

 

以上、カンボジアの代表的な料理でした。シェムリアップ・プノンペンには、日本人が経営しているらーめん店などもいくつかありますので、次回はカンボジアのらーめん店を紹介しようかと思います。

 

 

 

クメール王子 on Email
クメール王子
絶賛発展(途上)中のクメール王朝の王子ことカンボジア王子です。またの名をC.工藤。日本での社畜生活に疲れ海外逃亡、タイやラオスなど東南アジアで女を漁りまくる生活を2年ぐらい経て、カンボジアに漂着。オキニのクメールっ娘を妊娠させちゃいないかとビクビク怯える毎日@プノンペン(*´▽`*)

コメントを残す

質問・感想など気軽にどうぞ(*^-^*)

メールアドレスが他のユーザーに公開される事はありません。

*
*