日本からカンボジアへの最安旅行方法とアライバルビザ記入例

タイやベトナムと比べると、どうしても観光地としての魅力がやや劣ってしまうカンボジア。そのため日本からの直行便というのはANAからしか出ておらず、おまけに往復で10万円近くするため、まだあまり認知すらされていません。

LCCでお隣のタイやベトナムまで、わずか2万円前後で行けてしまう時代に、わざわざエコノミーで10万円近く払うのも何だかもったいない気がします。

シェムリップ・プノンペンどちらも、近隣諸国から長距離バスが出てますし、ゆったりしたシートでの夜行バスもわずか数千円で利用できてしまうため、カンボジアはバックパッカーの間でも、「タイやベトナムのついでに行く国」という位置づけにあります。

 

タイの夜遊び<カンボジアの夜遊び

とは言え、読者様の中には、タイでの夜遊びに飽きてしまい、カンボジアのスレていない女の子たちに魅了されこの国の夜遊びにハマってしまったという人も少なくないはず。

そこで、今回は比較的現実的なルートの中から、最も安く日本からカンボジアへ行く方法をまとめてみました。

 

復習がてら、カンボジアの基本情報やビザに関する知識も補点しているので、よかったら参考にしてみてください。

 

基本情報

日本とカンボジアの時差は2時間。共通言語はクメール語で、使用通貨はリエル(Riel)

主な都市は、カンボジア王国の中で人口100万人を超える大都市で政治、経済の中心地であるプノンペン、世界遺産のアンコール遺跡群があり、旅行者向けに高級ホテルやレストラン、カフェなどが増えて観光都市として栄えているシェムリアップ。カンボジアを代表するビーチリゾートの町としてタイランド湾に数キロ渡って続いている白砂のビーチと透明度の高い海で有名なシアヌークビル(コンポン・サオム)があります。

カンボジアの文化は日本とは結構違いますので、以下に該当する行為はなるべくしないように気を付けましょう。

  • 政治や戦争の話
  • 子供の頭話撫でる
  • 女性が僧侶に触れたり、直接物を渡す。

また、都市部や観光地から外れると地雷が残っている地域があるので気をつけるようにしましょう。

 

ビザについての情報

日本国籍のパスポートを持っている人は、カンボジア入国時に必ず、観光ビザか商用ビザが必要です。

入国時には、パスポートの有効期間がカンボジア入国予定日から6ヶ月以上残っている必要があります。

有効期限はシングルビザの場合、発行日から3ヶ月有効で滞在期間は1ヶ月間です。

マルチビザは、有効期限3年で、1回の滞在期間は最長30日までです。

ビザ申請に必要な書類は、パスポートと、写真(3.5cm×4.5cm)、ビザ申請書です。

 

アライバルビザ申請用紙の記入例

※ビザ申請書は空港で取得可能です。記入例についてはこちらをご参照下さい。

※写真は入国前に事前に用意しておかないといけません。日本を出る前に必ず用意しておきましょう。

※滞在延長申請は1回のみで、10日間の延長は可能ですが事前に確認する必要があります。

 

アライバルカードの記入例

こちらは機内で配れると思いますので、到着前にちゃちゃっと記入しておきましょう。

※ビザ番号はすでに取得済みの人のみ記入しましょう。

※言わずもがなですが、基本すべての情報はローマ字で記入して下さい。

また、Departure Card(画像右側)の方は、出国時に提出するものですが、万が一なくしても空港でまた手に入るので大丈夫です。

 

オンラインでのビザ取得も可能

カンボジアの外務国際協力省がオンラインで直接発行する「E-Visa」もあります。外務省国際協力省の公式ウェブサイトでのみ申請することができます。

シェムリアップ空港とプノンペン空港、陸路の国境でもビザの発給することができます。

カンボジア政府公式のE-VISAサイトは、頻繁にサーバーダウンしてしまうため、個人的にはオンライン申請はあまりオススメできません。

 

日本からカンボジアへのフライト

成田プノンペン間の直行便

2017年4月時点では全日空(ANA)から1日一本のみ

フライト所要時間は、10:50 → 15:10ですが、時差があるので実際の所要時間は6時間ほどになります。

 

乗継便利用時の所要時間の目安

東京(羽田空港)から乗り継ぎ便で約8時間から10時間

東京(成田国際空港)から乗り継ぎ便で約8時間から10時間

大阪(関西国際空港)から乗り継ぎ便で約8時間から9時間

福岡(福岡空港)から乗り継ぎ便で約7時間から9時間

 

KL経由シェムリアップ便が最安

マレーシア航空や香港エクスプレス航空を使えばエコノミークラスで、成田発 – クアラルンプール経由 – シュムリアップ着の便が片道180USDからあります。

※プロモーション期間やシーズンのオン・オフによって価格は変動します。

安いからと言って、座席が狭すぎることはなく、食事も追加料金を払えば種類が豊富な中から選ぶことができます。費用を抑えたい方は航空内で食べ物を買うと安く済ませることができます。

 

主なフライト比較サイト

Expedia.co.jp(エクスペディア)

skygate.co,jp(スカイゲート)

skyticket.jp(スカイチケット)

 

オンシーズン・オフシーズン

アンコールワットへのベストシーズンは、11月上旬から1月下旬が雨の少ない乾季にあたり、季節風が吹き、気温も少し下がり比較的過ごしやすくなります。また、アンコールワットへのツアー旅行が1番安くなる時期は1月から3月でこの時期は日本からの旅行者が少ないため料金が安くなります。

 

まとめ

日本からカンボジアへ最も安く行く方法は、格安予約サイトを使い航空券を安く取る方法と、1月から3月の日本からの観光客が少ない時期を狙うことです。

観光地として発展してきて、アンコール遺跡群など見所や名所が多いカンボジア。ぜひ1度訪れてみてください。

 

バンコクから陸路でカンボジア入国する場合はこちら

バンコクからプノンペンへ高速バスで入国する際に必要な手順・入国ビザ

 

クメール王子 on Email
クメール王子
絶賛発展(途上)中のクメール王朝の王子ことカンボジア王子です。またの名をC.工藤。日本での社畜生活に疲れ海外逃亡、タイやラオスなど東南アジアで女を漁りまくる生活を2年ぐらい経て、カンボジアに漂着。オキニのクメールっ娘を妊娠させちゃいないかとビクビク怯える毎日@プノンペン(*´▽`*)

コメントを残す

質問・感想など気軽にどうぞ(*^-^*)

メールアドレスが他のユーザーに公開される事はありません。

*
*