カンボジアで誰にも知られずレディボーイと出会えるサイト3選

☆↓↓↓YouTubeチャンネル登録してネ↓↓↓☆


https://cambodia69.com/ladyboys-in-siem-reap/プノンペンには、セルシーに毎週通ってる変態白人から、ハッパに手を出した沈没バックパッカーとの出会いが盛りだくさんで、もれなくレディーボーイ狙いの白人・中国人、そして日本人がいらっしゃいます。

 

管理人はそのケはないのですが、元沈没仲間(わたくしクメール王子も絶賛沈没中(*´▽`*))の中には東南アジアでレディーボーイと一夜を過ごすことに人生をかけているような変態もおりまして、ガールズバーで情報交換などしているとレディボーイ専用の出会い系も世の中にはあるんやで、と教えてくれました。

 

 

世界的なLGBTへの理解

ladyboy

タイのバンコクなんかではもはや珍しい光景ではありませんが、レディボーイと腕を組みながら歩いているファラン(白人)や韓国人男性をよく見かけるようになりましたよね。私もバーでファランたちとたまに会話する機会があるのですが、やはり10年前では人目が気になって今みたいに堂々と町を歩けなかったよと言う人もいます。

日本でもオネエタレントが活躍してきているように、世界的にLGBTを受け入れる風潮が来ているようですね。

※あくまでも客観的な見解です。個人的にはまだまだ女の子の穴だけに挿れていくつもりです(#^^#)

 

当然その手のサイトも盛り上がってる

LGBT-logo2-1024x438

冒頭に紹介した変態知人に教えてもらったサイトにも興味本位で登録してみましたが、まぁなんともユーザーの多い事。多すぎて選べないぐらいです。(いや、選ばなくていいのか!)一応カンボジア国内でフィルターをかけてみたところ、やはりプノンペンとシェムリアップの集中しているようで、観光ついでに現地での出会いも、という方にはうってつけかもしれません。

とはいえ、シアヌークビルやカンポットの方にもお店でレディボーイが常駐しているところもあったりするので、郊外だからといって出会いが見つからないと諦めるのももったいないです。

 

 

カンボジアでレディーボーイと出会うなら、この3サイトがオススメ!

Hot-Cambodian-Ladyboy

💖My Ladyboy Date

アクティブ会員数 75,000人という驚異の数字を誇る「レディーボーイ出会い系」の最大手、「My LadyBoy Date」は、知る人ぞ汁、世界的デーティングサイト。東南アジアを旅行しているレディーボーイ好きなあなた、カンボジアだけでなく、フィリピンやタイ、そしてインドネシアといった様々な国でレディーボーイとお友達になることができます。

👉🏼まずは無料で My Ladyboy Date を覗いてみる

 

💓My Transsexual Date

上で紹介した「My Ladyboy Date」と運営会社は同じで、デザインや管理画面なども同じなので、上のサイトを使ったことがあるという方なら使いやすいのではないでしょうか。こちらはレディーボーイではなく、LGBTでいうところの「トランスジェンダー」がユーザー登録をしているサイトです。ユーザーはヨーロッパ、欧米、オーストラリア、そしてアジアと、世界中のトランスジェンダーが 相手を探しているので、世界を旅するバックパッカーなら登録してみると良いでしょう。

👉🏼まずは無料で My Transsexual Date を覗いてみる

 

💞Asian Dating

こちらのサイトは、基本的には異性間の出会いの場ではあるのですが、カンボジアのレディぼーイも少なからず登録しているみたいです。ただ、性別カテゴリーに「レディボーイ」がないため、女性として登録しているレディボーイ、男性として登録しているレディボーイがごっちゃになっているため、フィルター機能などを駆使しても探し当てるのが難しいかもしれません。しかし、カンボジア人ユーザー自体は20万近くいるようですので、女性も男性もイケるというバイセクシャルの方なら、かなり重宝するサイトかと思います。

👉🏼まずは無料で Asian Dating を覗いてみる

 

出会い系のメリット

以上、カンボジアでレディボーイと出会える3つのサイトでした。実際に、出会い系を利用したことのある沈没バックパッカーの知人いわく、割と経済的に余裕のある華僑の色白クメールっ娘(オトコの娘)が多いみたいで、日本人男性は紳士的と評判がいいためかなりモテモテみたいです。女性からも男性からも好かれる日本人ブランドを駆使すれば、出会い系サイトでも簡単に出会いが見つかるとの事。

 

また、一部のレディボーイ専門ガールズバーでは、50ドルでお持ち帰りができますが、ショートタイムで行為が終わったらそのままバイバイしちゃうので寂しい、運よくレディボーイの立ちんぼを10ドルで持ち帰ったとしても、当然性病のリスクは女性の立ちんぼよりもはるかに高いので、まず買う気にならない、とも。

 

これらを踏まえて、ご自身の趣味嗜好にマッチングしたサイトを探してみてはいかがでしょう。

シェムリアップでレディボーイと出会えるスポット

プノンペンでレディボーイと出会えるスポット

クメール王子 on Email
クメール王子
絶賛発展(途上)中のクメール王朝の王子ことカンボジア王子です。またの名をC.工藤。日本での社畜生活に疲れ海外逃亡、タイやラオスなど東南アジアで女を漁りまくる生活を2年ぐらい経て、カンボジアに漂着。オキニのクメールっ娘を妊娠させちゃいないかとビクビク怯える毎日@プノンペン(*´▽`*)

コメントを残す

質問・感想など気軽にどうぞ(*^-^*)

メールアドレスが他のユーザーに公開される事はありません。

*
*