プノンペン

プノンペン

Things to do - general

☆↓↓↓YouTubeチャンネル登録してネ↓↓↓☆


首都プノンペンはカンボジアで最も性産業が活発かもしれません。スワイパー村亡き後、カンボジア風俗をトコトン楽しみならプノンペンがベストです。※一応スワイパー村自体はまだ残っています。

※日本語しか話せないという方のためにも、日本語オンリー店舗も紹介しています。

 

🏩置屋(カンボジア人&ベトナム人)

プノンペンの偽装置屋

プノンペンでとにかく安くハメたいなら置屋が一番です。価格は15~20USDと、ジャカルタの線路脇と同じぐらい安いです。カンボジア人だけでなくベトナム人もたくさんいるので、色白の巨乳娘を抱きたくなったら是非置屋へ。

管理人おすすめ度:⭐⭐⭐

✅きちんとした置屋選びができないと、犯罪に巻き込まれる事も!?

プノンペンの置屋情報はこちら

 

💃ガールズバー

白人など外国人客が多く宿泊するリバーサイドの高級ホテルエリアのそばには、ガールズバーが軒を連ねています。そのため英語でのやり取りが比較的しやすく、中には日本人経営のお店もあったりするので、最悪英語ができなくても夜のお伴を探す事が可能です。置屋に比べると費用が嵩みますが、それでも一晩コミコミで50USD程度ですので、安全に遊びたいならガールズバーがオススメです。

管理人おすすめ度:⭐⭐⭐⭐⭐

✅日系のお店もあるので、安心して楽しめるはず!

プノンペンのガールズバー情報はこちら

 

3P?キクモン舐め?超濃厚プレイが可能な置屋も

プノンペンには知る人ぞ知るHENTAIプレイが可能な嬢ばかりが集まる置屋(表面上はガールズバー)があり、総額1万円ちょっとで複数プレイをする事もできます。嬢は基本的にハードなプレイ可で、喉奥まで咥えこんでくれたり、口内に発射してもOKだったり、2つの穴を使用できたり、逆にこちらの後ろの穴をペロペロしてくれたり。。。

とにかく濃厚すぎて本当にこの値段でいいのかと思うぐらいです。

嬢も熟練ばかりかと思いきや、比較的若い娘たちのラインナップも充実しており、管理人イチオシの置屋となっています。

管理人おすすめ度:⭐⭐⭐⭐⭐⭐⭐⭐⭐⭐

✅とにかく調教されまくりの女の子たちが素晴らしい!!

詳細はこちら

 

🙏マッサージ置屋

いわゆるマッサージ偽装置屋で、店舗によってヌキのみ、本番アリの店と種類があります。こちらのスタッフもカンボジア人のみでなくベトナム人も混ざっています。マッサージ代そのものは6~12USDとどこも安いので、マッサージだけして帰るのもアリです。ただ、嬢によっては日本人をカモだと思って値段を釣り上げてくることもありますので、事前にどのサービスがいくらかというのは確認しておく必要があります。

個人的にはあまりコスパが良いとは思っていませんが、旅の疲れを取るついでに…という方には最適の場所です。

管理人おすすめ度:⭐

✅あんまり女の子の質は高くありません。マッサージも微妙かな…。

プノンペンのマッサージ置屋情報はこちら

 

🍹ナイトクラブ・ディスコ

主に高級ホテル内のディスコでは、カンボジア人、ベトナム人に加え、中国からも女の子がフリーランスとして働いています。もちろんお店にいるママさんに管理されている娘も多いので、直接女の子に値段の交渉などをしても、ママさんが値段を決めていますので、交渉が徒労に終わる場合もあります。キレイどころが集まっているので相場も100USD近くとコスパを考えると微妙かもしれませんが、中にはモデル・女優クラスの美人もいますので、真のカンボジアンビューティを堪能したい方は必ずディスコへ行きましょう。

管理人おすすめ度:⭐⭐⭐⭐

✅現地の素人の娘と出会うにはもってこいかも?

プノンペンのナイトクラブ・ディスコはこちら

 

🔞立ちんぼ

病気や犯罪に巻き込まれるリスクもあるので注意が必要ですが、もめごとにも対処ができる方であれば、どこよりも安く女の子を調達できる可能性もあるので、コスパは高くなるかもしれません。英語ができない子ももちろんいますし、IDは必要以上に慎重にチェックしないと、姉妹のものを借用している場合などもあるので十分注意が必要です。18歳未満もチラホラいるようなので間違って警察のお世話にならないようにしましょう。

管理人おすすめ度:⭐⭐

✅キケン度高し、現地語ができても利用したくないかも…。

プノンペンの立ちんぼ情報はこちら

 

🎤KTV(ラウンジ)

日系のカラオケ店(いわゆるキャバクラのようなお店)もカンボジア・プノンペンにもちろんあります。女の子によってはお持ち帰りもできたりするので、現地の日本人には重宝がられています。その分料金は高いのですが、比較的安全に遊べるので日本語以外できないぞという方にはいいかもしれません。

ただ、下で紹介するバー・ラウンジとは違って、オーナー以外は日本語がダメというパターンが大半です。女の子との会話も、なるべく初歩的な日本語のみを使って会話する必要が出てきます。

管理人おすすめ度:⭐⭐⭐⭐

✅女の子のレベルはナンバーワン!でもまずはおサイフと相談必須!

プノンペンのKTV(ラウンジ)情報はこちら

 

日本語だけでも楽しめちゃうお店

プノンペンにはタイのバンコク程ではないにせよ、日本人経営による居酒屋やラウンジがいくつかあります。中にはキャバクラに似たシステムのお店もあるので、現地語や英語が一切できない人でも十分に楽しめます。

管理人おすすめ度:⭐⭐⭐⭐⭐

✅明瞭会計で安心安全!接待にも使えるので駐在員の皆様には大切な存在です。

(とはいえ、ローカルのお店でローカルの女の子と触れ合うのが旅行の醍醐味かもしれませんので、リバーサイドなんかも一度は行ってみて欲しいところです。)

 

お土産ならナイトマーケットで

PP-Night-Market-sign

エッチな事ばかり考えてちゃダメだ!日本で帰りを待ってる嫁へのお土産も買わなくちゃ!

そんな方にオススメなのがナイトマーケット。8割型衣料品なので、女性がいないと選びづらいかもしれませんが、ドレスぐらいなら身長さえわかってればなんとかなるでしょう。残り2割はワケのわからないアクセサリー品だとか彫刻品みたいなのばかりです。

もちろん、周辺には屋台がいくつか出ており、ローカルフードを食べ歩きするのも楽しいナイトライフの一幕になるでしょう。

なぜかたこ焼き屋も出店していますが、どうせなら現地のローカルフードを楽しみましょう…。

 

移動はボッタクリがない配車アプリ「Grab」で!

日本ではあまり馴染みがないかもしれませんが、東南アジアでは「Grab」という配車アプリがもはや生活に欠かせないものとなりつつあり、ここカンボジアでもスマートフォンにアプリをインストールするだけでいつでもどこにでもトゥクトゥクやタクシーを呼ぶことができます。料金は乗車前に表示されるため、ボッタクリなどの心配もありません。

その他「アライバルビザ」や、両替などに関する現地での生活に関する情報はこちらにまとめてありますので、渡航前におさらいしておくと良いかもしれません。

 

初めてプノンペンに行く人のための注意点まとめ

1.ディスコ内での薬物勧誘に要注意「ダメ、ゼッタイ!」

合法ハーブ?で作られたハッピーピザが有名なプノンペンですが、ディスコ内にはもっとヤバメのクスリが出回っている事も。ボーイなどに勧められても一切手を出さない、指紋すら付けない、という事は常に意識しておきましょう。未成年淫行と同様、あるいはそれ以上に重い罪を科せられることとなります。

2.ホテルに女の子を連れ込むと追加料金?

カンボジアのホテルはタイなどと違い、多くの場合女性の連れ込みには追加料金がかかります。高級ホテルにいたってはそういった女性の連れ込み自体を禁止しているところもあるので、バーやディスコなどでお持ち帰りした女の子とお楽しみになりたい場合は、事前に連れ込み可能なホテルに部屋を取っておかなくてはなりません。現地民向けのラブホテルのような施設もありますが、当然ゆっくり時間をかけて行為に及ぶという事はできないでしょう。

プノンペンの連れ込み可能ホテル(随時更新中)

3.プノンペンの違法ガイドに要注意

近年、日本人観光客を相手に「海外風俗のガイド」をサービスとして提供している業者が増えて来ましたが、実際のところカンボジア国籍以外の人間がガイドをする事は違法となっています。現に某無料ブログサービスを利用した業者が、違法にガイド行為をしていたとして現地警察のお世話になっております。

現に該当ブログは2018年4月を境に一切更新がされていません。

巻き添えをくらわないためにも、現地の違法ガイドを利用するのは避けましょう。

 

まとめ

カンボジアを訪れたことのない人からすると、思いの外多くの種類の夜遊びスポットがあることに驚かれたのではないでしょうか。現地には夜遊び好きな白人からアジア人、とにかく世界中のスケベたちが集っています。(もちろん純粋な観光客もたくさんいますよ!)タイのバンコクやパタヤ、プーケットにチェンマイといった夜遊びスポットには一通り行き尽した、次なる性地を開拓したいと考えている方には、ここプノンペンは特にオススメです。

プノンペンは、まだ未開拓の部分が多く、街自体も小さいので、バンコクの50年前と揶揄する人もいますが、タイの性産業における規制が厳しくなってきた今、プノンペンが次のバンコク・パタヤになる日もそう遠くないのではないでしょうか。

 

😍合わせて読みたい

プノンペンの女の子連れ込み可能ホテル TOP3

要チェック!カンボジア渡航前の確認事項!

プノンペンの風俗関連記事はこちら

>>期間限定!プノンペン夜遊びMAPが3760円で販売中!

カラオケ・KTV

カラオケ・KTV

☆↓↓↓YouTubeチャンネル登録してネ↓↓↓☆ カラオケ店なんてあるのか もちろんカンボジアにも日系カラオケ店あります。ラウンジ -舞- は女の子もカワイイ娘が多く、こちらのページで 詳細
ガールズバー

ガールズバー

☆↓↓↓YouTubeチャンネル登録してネ↓↓↓☆ プノンペンのガールズバーは、白人の観光客がメインなので、あまり華僑カンボジア人や日韓中国人はあまり見かけない印象です。そして、私の知る 詳細
マッサージパーラー

マッサージパーラー

☆↓↓↓YouTubeチャンネル登録してネ↓↓↓☆ タイのアムステルダムやタワラディーといった感じの高級マッサージパーラーは、残念ながらカンボジアには存在しませんが、華僑向けのホテルには 詳細
立ちんぼ

立ちんぼ

☆↓↓↓YouTubeチャンネル登録してネ↓↓↓☆ 東南アジアのみならず、先進国日本ですら、東京は鶯谷や大久保、名古屋は納屋橋、大阪ミナミや梅田といった具合に、外国人女性のみならず日本人 詳細
置屋

置屋

☆↓↓↓YouTubeチャンネル登録してネ↓↓↓☆ カンボジアの置屋は、ベトナムやタイの郊外の置屋と形式が似ており、基本的にはカラオケ屋を装っていたり、中国系・韓国系の「KTV」でお持ち 詳細